40代、50代になっても綺麗でいたいなあという思いから始まった美魔女計画ですが、美容について調べることが多くなってここ数年良く聞くことが多くなった「糖化」について、朝のニュース番組モーニングバードの「モーニングショー」で取り上げられていた内容をまとめてみました。

一番驚いたのはAGEは生まれた時から蓄積を始めるという事です。

 

糖の摂りすぎがAGEを増やす

AGEは私たちが食べたり飲んだりしたことで、体内に取り入れた糖とたんぱく質が結びつく糖化という現象によって出来てしまう最終糖化産物の事なんだそうです。

糖化は沢山の糖と熱が加わることで起こりやすいそうで、一度AGEが出来てしまうと元には戻らないと言われています。

 

AGEが増えるとどうなる?

AGEが増えても悪い影響がなければいいのですが、実は健康綿にも美容面にもあまり良くない影響力があるのだとか。

  • 健康面:糖化によって体の機能が低下しやすい、体が硬くなる
  • 美容面:肌や血管年齢が上がる、黄ぐすみがおこり肌が固くなる

実は40代になるとこれまで蓄積してきたAGEの影響で起こるトラブルが出やすくなるのだそうです。こんなサインを感じていたら糖化が進んでいるかもしれません。

  • 体が硬くなった
  • 皮膚に弾力が無くなってきた

皮膚の弾力が無くなってくるのは老化だから仕方だないと思っていましたが、40代からでも間に合う対処法があるんだそうです。

 

40代におすすめ!AGEを増やさない方法とは?

40代は糖化による影響が出やすい年齢だと言われています。これは今までに蓄積してきたAGEの影響が大きく、今からAGEを増やさないための方法に切り替えていくことでアンチエイジングにつながるのだとか。

AGEは食べ物や飲み物などに含まれる糖の摂りすぎで出来やすくなります。そうはいっても美味しいものには糖と脂が含まれている事が多いですよね。

なので食べる食材の調理法を工夫するだけでも良いのだそうです。

一番AGEが少ないのは生ですが同じ食材でも調理法によってAGEが増えてしまうのだとか。

生→ゆでる・蒸す→炒める→焼く→あげる に順にAGEが増えてしまう。なのでお刺身で頂けるものはお刺身が一番AGEが少ないという事になります。

牛肉を食べるならステーキよりもしゃぶしゃぶ、どうしても唐揚げやとんかつなどの揚げ物が食べたい時は、衣をつける前に1時間くらいレモン汁にお肉を漬けておくとクエン酸の効果でAGEが半分の量まで抑えられるのだそうです。

またパスタを食べるならカルボナーラよりもペペロンチーノがおすすめだそうです。1日にAGEをゼロにしなくてはいけないという事ではないので、どの食材でも一旦調理法を考えてみることは効果的かもしれません。

肌が固くなってくすみがある状態は、老化が進んでいるサインなのでお手入れだけでなく食生活の見直しも考える必要があるなあと思いました。