歳を重ねるごとに目立ってくるほうれい線や目尻のシワを改善したくて、毎日のスキンケアに力を入れています。

クレンジングはオイルをやめジェルタイプの肌に優しい低刺激のものを使い、洗顔料は角質汚れは落として潤いは残すもので優しく洗うように心がけています。

そして化粧水は浸透性の良いもので保湿効果が高いもの、美容液はシミの原因となるメラニンをブロックして黒化を防ぐタイプを使い、保湿クリームで潤いを逃さない様にしています。

ここにたどり着くまでに様々な化粧品や洗顔料を試しました。そのためシワばかりが目立つ肌にはなっていないと思うのですが、頬のお肉の面積が大きく口周辺の骨格なども影響しているためかほうれい線がとても目立ちます。

マッサージもしていますが、疲れた日はほうれい線が老け顔の印象を増しているようで、自分で鏡を見て老けたなあ・・・と感じてしまうほどでした。

そこでセルフケアにも限界があるのかもしれないと思い、芸能人を始め多くの女性が受けていると言われるヒアルロン注入が気になり調べてみました。

 

ほうれい線の解消にはヒアルロン酸が効果的?

肌の潤い成分にはコラーゲンもあるのにほうれい線の解消にはなぜヒアルロン酸が良いと言われているのでしょうか?

ヒアルロン酸にはとても高い保水効果があると言われているからなんだそうです。1グラムのヒアルロン酸には6リットル分もの保水力があるのだとか。

想像しにくいですが、そんなヒアルロン酸が年齢を重ねると減ってしまうのは肌にとってはダメージが大きいのかもしれません。コラーゲンも減少していくと言われているため、アラフォー世代の肌は乾いている・・・とも言えますよね。

美容クリニックではほうれい線の目立つ部分にヒアルロン酸を注入して、しぼんだ肌にふっくらとした張りを与えてくれるのだそうです。

ほうれい線が目立つっと疲れ顔や怖い印象に繋がってしまうこともあるため、ヒアルロン酸注入でふっくらとした柔らかい印象に変わる方もおられるのだとか。

 

ほうれい線を薄くするヒアルロン酸注入の効果はいつまで続くの?

ヒアルロン酸はもともと体内でも作り出せる成分なので、注入後は少しづつ体内に吸収されていくそうです。

そのためヒアルロン酸注入後の効果は吸収されるまでとなるようですが、その期間には個人差があるそうです。一般的には2~3ヶ月前後なのだとか。

そのため再びほうれい線が目立ってきたなあと言う場合は、再度ヒアルロン酸注入を行って維持していくそうなので、効果の持続性は個人的にはそれほど長持ちはしないのかなあと言う印象を持ちました。

なのでほうれい線が目だったり、目立たなくなったりを繰り返すよりは毎日のお手入れにプラスできるものも探してみました。

私がこれから行ってみたいと思っているほうれい線を薄くするためのお手入れ法はまた書いていきたいと思います。