シミのお手入れをしているのになかなかシミが消えない、むしろ濃くなった・・・と言う場合に考えられるのは、しつこいシミの根が原因になっているのかもしれません。

 

40代のシミが濃くなる理由

20代の頃は紫外線の影響でメラニンが生成されても、肌のターンオーバーが正常に働いているためメラニンが垢と一緒に排出されシミが出来ることも少なかったのですが、年齢を重ねて肌に老化が出始めるとターンオーバーが遅れメラニンが蓄積されやすくなると言われています。

実はただメラニンが蓄積されるだけでなく、メラニンがまるで植物の根っこの様に伸びてこびりついてしまいシミがどんどん濃くなることもあるのだそうです。

シミのお手入れをしているのにシミが消えない理由のひとつがシミの根だと考えられています。

シミの根(肌の奥へ奥へと伸びていく)には排出されずに蓄積したメラニンも存在しているためシミが消えにくくなっていることも。

また40代になると肌の水分量が減るためターンオーバーがますます遅くなったり、バリア機能が弱くなるなど肌にトラブルも起こりやすく、たるみやシワが増えてくる場合もあるそうです。

そんなお肌の老化が進む40代のシミケアについて調べてみました。

 

シミの根を予防するシミケア

これまでにもシミを消すために様々なお手入れ法を試してきましたが、肌に乾燥を感じているなら美白の前に先ずは乾燥対策が先決かなあと思います。

肌のトラブルの多くは肌に潤いが不足している事で起こりやすいと言われているからです。

なので40代の私が感じているのは、ずっと同じお手入れではなくその時々で工夫が必要になるという事です。

というのも肌の乾燥具合が日によって変わるからです。調子が良い時もあれば化粧水を3回くらい重ね付けしても物足りない、乾いてしまう日があるからです。

個人差はあるのかもしれませんが、実際に私が感じている事です。

そのためまずは保湿が優先、次に美白ものをと言う風に決めています。40代はホルモンバランスが乱れてくる年齢でもあるため体調も崩しやすかったりします。

なのでトータル的なお手入れとしては食事、睡眠、運動、そして肌ケアでは保湿を重視しています。

細かいシミケアについては実際に使っている美白化粧品や美容液、サプリメントなどを角項目別に書いています。

私がおすすめ出来る美白化粧品についてはこちらでレビューを書いています。