40代になって体重が落ちにくくなったと感じている方は多いのではないでしょうか?30代後半は疲れやすくなってきたなあと感じてはいましたが、40代の体重の増加はちょっと放置できなくなってきました。

 

40代はなぜ太りやすい体質になってしまうの?

40代になると今まで感じた事がない様な体や心の変化を感じやすくなると言われています。一般的には更年期の入る時期とも言われています。

疲れやすくなったり、一晩寝ても疲れが取れなかったり、肌のハリや艶が無くなってくるなど感じる悩みの数は年々増える一方・・・なんて方もおられるかもしれません。

悩みの一つでもあるのが今までと変わらない生活をしているのに無駄なお肉がついてしまうという事です、

気が付いたらポッコリお腹が引っ込まない、ダイエットをしてもなかなか痩せない太りやすい体質になったと感じられることです。

これにはこんな原因が考えられます。

  1. 代謝が悪くなる
  2. 運動不足で筋肉量が減って脂肪燃焼しにくくなる
  3. 老化現象を感じやすい
  4. 体内への栄養の吸収が悪い

 

詳しく見ていきたいと思います。

1.代謝が悪くなる

人間には基礎代謝と言って何もしなくても使われるエネルギーがあります。一般的に基礎代謝がいい人ほど太りにくいと言われています。

40代以降に基礎代謝が下がってしまうことで、太りやすくなったと感じる方が多いのはこのためです。

 

2.運動不足で筋肉量がへってしまう

運動不足だなあと感じるのは痩せにくくなって体重が増え始めたときや、普段の生活のちょっとした動作が鈍くなったりしたときではないでしょうか。

感じやすいのは腹筋かもしれません。腹筋が落ちてくるとウエストのくびれが目立ちにくくなってお腹も出てきます。人によって筋肉が落ちやすい、お肉が付きやすい場所に違いはあるものの、筋肉が減ると脂肪の燃焼も悪くなるので結果的に太りやすくなってしまうそうです。

3.老化現象を感じやすい

40代以降は老化を感じやすい年齢だと言われています。体の機能や代謝の低下などから以前のように動けない、無理が出来なくなったと感じてしまう事も。

お肌も急に潤う力が減ってしまったり。これも老化によってコラーゲンの量が少なくなってしまう事が原因だと言われています。

 

4.体内への栄養の吸収が悪い

食べればすぐに栄養が吸収されてエネルギー源になるのかと言うとそうでもないようです。体に必要な栄養と体の老化を推進してしまう様な食べ物は40代以降は避けたいものです。

例えば糖質の多い食生活を続けていると、エネルギーだけでなくお肌には糖化と言う症状が起きてしまう事も。

ご飯が冷めると固くなる様なあの状態が肌で起こってしまうそうです。

 

40代の太りにくい体質づくりに必要なのは?

太りやすくなってしまった40代の体に必要なのは、代謝を上げて必要な栄養素をきちんと吸収する健康的な体かもしれません。

でも代謝を上げるのは簡単ではないので悩んでいる方も多いんです。

食生活に気をつけて運動をして・・・

もっと簡単に代謝を上げることはできないのでしょうか?実際に調べてみました。

  • 効率的に栄養を吸収できる体質になる
  • 運動不足の解消
  • 前向きな精神面を継続させる
  • 食生活の改善

極端な話ですが、知人に急に太りだして疲れが抜けなくなった体を改善するために断食をしたり、1日1食生活を数年続けているという方もします。

知人には会っているようで、健康そのものですけど食べることが大好きな私には厳しそう。そこでまずは食生活の見直しと無理のない運動を取り入れています。

呼吸法だけでも代謝が上がるとテレビで紹介されていたので行っていますが、意識しながら行うことが大切だと感じています。

今後も新しい方法を取り入れながら痩せやすい体づくりを目指していこうともいます。

私が実際に行ってみて効果があった方法は随時書いていこうと思います。