初夏の蒸し暑さからおでこや鼻周辺のテカリが気になる季節になりました。

やっと花粉の時期が過ぎてやれやれと思うのもつかの間で次は皮脂や毛穴の目立ちが気になっています。

洗顔後に白い角栓が飛び出ていることも多く毛穴がすっきりしません。

鼻の角栓の取り方

鼻の毛穴に詰まる角栓、なんとか除去したいものです。

角栓を取るには指で押し出す、毛穴パック、エステなどがありますが無理やり押し出すと毛穴周辺の皮膚には刺激になってしまうためシミとなりやすいそうです。

毛穴が目立つのにシミまで出来てしまったらショックですね。

そんな頑固な角栓はデンタルフロス(歯間歯ブラシ)で簡単にとれます。

というのも、こんな発想から知ったことです。

鼻の汚れをケアする方法

毛穴の黒ずみ汚れを取るには、毛穴パックが有名ですし確かに角栓は取れるのですが、パックをはがす際に皮膚が傷ついているため、お肌の事を考えるとあまり使いたくないお手入れ法なんです。

フロスを使う方法は強い力も不要なので皮膚を傷つける心配はなさそうです。

とは言えもっと根本的に毛穴をキレイにするなら、毎日のスキンケアを見直すのが一番!

これは実体験ですが、30代も半ばを過ぎたら肌の水分量はどんどん減少してくるので保湿対策を念入りにするだけでも肌の調子が上がると思います。

潤いが保たれていると、毛穴もふっくらするのでたるみが出てきても目立ちにくいんです。

今使っているシリーズを高保湿タイプに変えるのもいいですし、私が実際に使ってみて乾燥が改善されたシリーズもおすすめです。

医療技術を取り入れた化粧品で肌の奥まで美容成分を届けて潤すのが特徴です。

素肌自慢の秘密兵器 b.glen毛穴ケア

 返品出来るお試しセットもあります。

いちご鼻がもっとひどくなる前に、毛穴自体を小さく目立ちにくくするお手入れです。