UVケアは万全ですか?

これからの季節、外にいる時間が増えるので紫外線対策は万全にしたいのですが、毎年これってどうなの?とUVケアについての疑問が出てきます。

hizasi

例えば、去年開封した日焼け止めが残っているけど今年も使って大丈夫なの?効果はあるの?とか。

日焼け止めに表示されているPA+++の+の数の違いは?とかですね。

海水浴やバーベキューなどアウトドアが楽しい季節だけど日焼けが怖くてあまり楽しめないなんてことにならない様に、正しいUVケアをして美白対策をしたいと思います。

顔のシミの原因

顔に出来てしまうシミの原因のほぼ8割くらいが紫外線などによる光老化によるものなんです。

若い頃は、日焼けしても数日すれば元の白い肌に戻っていたので本気でUVケアをしたことは無かったのですが、年齢肌にはUVケアがどれだけ重要か年々肌を観察していると良く解ります。

UVケアをきちんとしていると、肌も乾燥しないうえ肌トラブルも起きにくいので紫外線のきつい季節でもいつもと変わらずに過ごせます。

でも、少しの時間だから日焼け止めは塗らなくてもいいかなと手を抜いてしまうとそんな時に限って長時間の外出になってしまったり、曇りの日でもじりじりと紫外線の強さを感じてしまったり・・・

なので私は、35歳を過ぎてからはほぼ1年中UVケアをしています。

 

顔のシミは化粧品で消える?

顔に出来てしまったシミは自宅で出来るお手入れでも消えるの?

そう思ってから様々な美白化粧品やお手入れ法を調べましたが、シミを消す美白成分が入っている化粧品を使えば薄くはなります。

最近の美白化粧品はすごいです。昔は、付けたら乾燥してしまうとか、付け心地が良くないなど不満もありましたが、今使っている美白化粧品は、付け心地はびっくりするくらい良くて付けている方が肌が潤う?感じです。

顔のシミ消すUVケア

UVケアの疑問について調べてみました。

  1. 去年の日焼け止めは使っても大丈夫?
  2. PA++の+の数の違いは?
  3. 化粧下地を塗れば日焼け止めは不要?

 

去年の日焼け止めは、残っていたら勿体ないので使いたくなりますが、食品と同じで酸化が進むそうです。日焼け止めの成分も劣化してしまうようなので毎年新しい日焼け止めを使い切る方が良いそうです。

PAの+は、日常使いなら++位あれば大丈夫みたいですが、海水浴などのレジャーでは、++++のものを使って3時間毎に塗り直すのが正解です。

悩むのは、日焼け止め効果のある化粧下地です。これを塗っていれば更に重ねて日焼け止めを塗りたくない気もしますよね。

肌の負担にもなりそうなので、BBやCCクリームの様な下地を使えば日焼け止め要らずと思いますが、これも日常使いなら大丈夫だけど、レジャーの際は、日焼け止めを塗ってから化粧下地を重ねると最強のUVケアになるそうです。

通年美白が出来る美白化粧品についてはこちら