これシミかしら?

両頬にうっすらと出来たシミを見てもしかしたら肝斑かもしれないと思ったことがありました。

肝斑はシミの一種なのですが、出来てしまう原因が少し特殊なシミです。

肝斑はなぜできる?

若い頃よりも30代~40代に発症する割合が最も多く、症状としては50代後半位まで続きます。

30代以降は、晩婚化がすすむ現代社会において初産を経験する方も増えていますが、丁度妊娠、出産を迎える時期にあたります。

妊娠や出産で女性ホルモンのバランスに変化が起こり肝斑が出来てしまいます。

ホルモンのバランスが影響で起こる体の内面に原因のあるシミです。

美白化粧品で顔中のシミのケアをしているのにこの部分のシミだけ全く変化がななど化粧品の良さが実感できていない場合は、通常のシミではなく肝斑が出来ている可能性が強くなるそうです。

私もそれを聞いて納得しました。高価な美白化粧品を使っても全く変化がないとなると化粧品を疑ってしまいますが実はシミの種類によって使い分けた方が良いということです。

肝斑の予防とは?

ホルモンの影響で出来る肝斑は予防出来るの?

原因が解っていれば予防する方法ありますよ。ホルモンバランスが乱れるのを予防してあげれば肝斑も出来にくくなるからです。

ホルモンバランスは、生理前に乱れるのは良く知られていますが、ストレスや寝不足でも自律神経の働きが乱れてしまい最終的にホルモンバランスの乱れに繋がってしまいます。

ストレスが多いならストレスを発散したり、よく眠れないのであれば枕を変えてみる、寝る前にリラックスできる読書や飲み物を飲むなど対策は実際に行いましたが良かったです。

もうすぐ紫外線が最強に強くなる季節がやって来るので肝斑の予防と共に、紫外線対策も万全にしてお花見などアウトドアを楽しみたいですね。