肌が糖化するとシミとは違う黄ぐすみが起こるそうです。糖化の原因と糖化を防ぐための方法について書いています。

肌の糖化とは?

肌が糖化すると聞いてもピンと来ないけど、糖化の例えとして使われるの炊立てのご飯の変化を見ると、糖化のイメージが解りやすいです。
 炊立てのご飯は真っ白で艶があるけど、時間が経って冷めると少し黄色っぽく乾燥してきますよね。
これが糖化なんだそう。もう一つ例えるな食パンのトーストする前とトースト後の色の変化が解りやすいです。
パンの場合は焦げて色が茶色っぽく変わりますが、ご飯の場合もパンの場合も糖化現象によるものなんです。
色の変化が解りやすいご飯とパンを例えましたが、どちらも糖質のため摂り過ぎてしまうと、体内のたんぱく質と結びついて糖化が起こり、糖化生成物(AGEs)という老化に繋がる物質が生成されます。
AGEsはコラーゲンの糖化でハリや弾力が失われるため、肌のターンオーバーも遅れてしまい、乾燥やシミが出来やすくなってしまう事も。
食生活のバランスが良ければ糖化は起こりにくいのですが、食の欧米化で糖質を摂る食生活が定着している方もいるかもしれません。
そんな時は食生活を少し見直すだけでも、糖化が防げる可能性があります。

肌の糖化と食べ物の関係

肌の糖化の原因は老化現象によるものではなく、普段口にしている食べ物の影響が大きいのです。
脂っぽいものや甘いものが好物という方は糖化になりやすいかも。

糖化になりやすい食べ物

  • 唐揚げ
  • コロッケ
  • 焼いたお肉
  • 甘いデザート
  • お菓子
  • パン
  • ご飯
そしてこれに熱が加わると糖化生成物(AGEs)の値が大きくなってしまうと言います。
お肉を茹でた場合に比べ、揚げ物は10倍のAGEsを含んでしまうため揚げ物よりは焼いていただく、焼くよりは茹でていただく方がAGEsは少なくなります。
糖化を予防するためには調理法や食べる順番に気を付けるだけでも違います。
糖質は摂ってはいけないものではなく、糖質の過剰摂取が糖化を引き起こしている為、食事のとり方に気を付ける事が大事なんです。

肌の糖化を改善するサプリの効果とは

上記の様な糖化に繋がる食生活に心当たりがあれば、普段の食生活の見直しから始めるのが一番です。
外食が多くて食事の管理が難かしい場合は、ビタミンやミネラルを含むサプリや糖の代謝を助けるサプリなどもおすすめです。

糖の代謝にはビタミンB群が消費されるため、抗酸化作用のあるビタミンCやEなどと共に摂れるマルチビタミンを摂るとタンパク質と結びつく過剰な糖を消費出来る可能性があります。
食事に気を付ける事が一番ですが、補助的なサプリを飲む事で食事のバランスを整えるのも一つの方法です。

糖化を防ぐお手入れとおすすめ化粧品について

肌の糖化は食べ物の影響を受けているため、お手入れだけでは防げないんです。体内に入る糖質が過剰にならない様な食生活と、糖化してしまった時の改善策として肌の乾燥を助長させないことです。
肌表面に近い角質層で糖化が起こると、肌がゴワゴワとして乾燥してしまいます。
30代以降は乾燥しやすい肌環境になりますから、エイジングケア用の高保湿化粧品や美容液で肌を潤すお手入れがおすすめです。