肌荒れを解消する、または美肌を保つ時に大切なのはお肌がたっぷりの水分で潤ってることです。若い頃は、細胞自体が若いので何もしていないけど肌はプルプルだから大丈夫と思っていた方でも30代ともなれば少なからず肌の変化を感じているのではないでしょうか?

さらに40代では、肌の水分量の低下から「ハリ」や「弾力」が失われ「シミ」や「シワ」に悩む方も多くなります。なので数年後のお肌のためにも早めに保湿ケアを始める事が美肌を保つポイントです。

720a62b1da377f232060059e54866742_l

では潤い成分を補うためにはどのような化粧水を選べば良いのでしょうか?

美容家の化粧水選びのポイント

とってもシンプルですが

  • 浸透力
  • 保湿力

この2つがとても大切です。高価なものを使えば良いというのではなく、買いやすいお値段の化粧水でもこの2つを満たしていれば肌は潤います。

また、肌の表面には皮脂膜があり、様々な外的刺激からお肌を守るためにバリア機能が働いています。これが正常に働かないと毛穴の開きやニキビといった肌トラブルが起きる原因となってしまいます。肌の水分量が減り乾燥してしまうとその働きが悪くなってしまいますから保湿ケアは本当に大切なんです。

化粧水には、皮脂膜を通過して肌の奥まで浸透する力が必要なのですが、世の中に出回っている化粧水の中には、皮脂膜を通過せずに肌の表面上だけしか潤わないものもあります。

それでも一見潤っているように見えますが、潤いを必要としている肌の奥にはせっかくの化粧水の成分が届いていないためたっぷりの化粧水をつけても肌の状態が変わらないなんてことにもなりかねないのです。

化粧水には、角質層まで保湿成分や整肌成分が浸透する力が必要です。

このポイントで化粧水を選ぶと、いつもお肌はプルプルで毛穴詰まりを越しにくくなり肌荒れやニキビも出来にくい肌を保てるようになります。

5e573f3ce8ad7af7df81aea9e9128959_m

 

美stに登場していた皮膚科医の工藤真佐江先生がオススメしていたのは、朝しっかりと保湿をすることです。すると1日中潤いの続く美肌を保てるということです。

肌が乾燥してきたら洗顔を見直す方もいますが、その後の保湿ケアがとても大切ですのでエイジングケアも兼ねて出来る様な化粧品使い勝手が良くおすすめです。

浸透力には定評のある「ビーグレン」のエイジングケアシリーズは、浸けていると肌に弾力が戻りますよ。

こちらも参考になります↓↓

乾燥肌とシワなどに大切な保湿方法