白井田七(和漢)のダイエット効果について、実際に私がやってみた方法や効果についてまとめました。まずは白井田七との出会いについて書いていきます。

40代を過ぎると痩せにくくなると言いますが、自分がその年齢になってみて痩せにくさを実感しています。30代までは食べ過ぎても、翌日とその次の日、2日間あれば食事で調整すれば食べ過ぎてしまった事を帳消しに出来る自信もありましたが、現在は全くそんな気がしません。

食べたら食べた分だけお肉になっていきます。お腹周り、お尻と太ももの肥え方は自分でも引いてしまうくらいパンパンです。

家族にも「そのお腹やばいよ」「お尻が大きいよ」と言われてしまい、このままだと更に太ってしまいそうで今かなり焦っています。

そこで一念発起してダイエットにチャレンジかなーと方法を考えてみたのですが、食べた分だけ太る体質を根本的に変えないと痩せられないのではないか?という疑問が出てきました。

40代以降は痩せにくいと言われているだけに、調べてみると同じ悩みを抱えている人も多く、解消法もいくつか見つけることが出来ました。

きつい運動が苦手な私でも続けられる方法だと思ったのは、体の基礎代謝を上げる事です。基礎代謝は何もしなくても消費されるエネルギーの事で、年齢を重ねると少なくなる傾向があります。

どうやって代謝を上げればいいのかと言うと、筋肉量を増やしたり、体内の巡りを良くして代謝を高める方法があります。体の巡りを良くするには冷えを改善して血行を促す働きも大切です。

そこで私が注目したのは黒酢でした。メディアでも黒酢を使用したサプリなどが度々取り上げられているので興味はあったのですが、痩せにくくなった事をきっかけに摂ってみようと思いました。

スーパーでも黒酢は買えますが効果はどうなのか?サプリやドリンクもあるけどどれが一番効果があるのか?など気になる点が多かったので調べていた時に、「白井田七 甕」(しらいでんしちかめ)という美容と健康に良いと言われるドリンクを見つけました。

ダイエットドリンクではなかったものの、無添加で体に良さそうな成分だけを使って作られている点が気に入りました。

 

白井田七のダイエット効果とは?

白井田七を取り入れれば痩せるのでしょうか?酵素ダイエットが流行りましたが白井田七はどんな栄養価が高いものなのか?詳しく調べてみました。

白井田七とは?

白井田七というのはとても希少価値の高い漢方に使われる生薬「田七人参」とアミノ酸が豊富な「黒酢」やそのほかの美容成分を配合した美容ドリンクのことなんだそうです。

田七人参は高麗人参よりもサポニンという巡りを良くする成分が7倍も含まれているそうです。

黒酢にはコラーゲンの元になるアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれているため、巡りを促す働きもありダイエットの際の栄養補給にも良いそうです。

開発者の方のお話では、田七人参も黒酢もこだわりの製法で作られそのほかの成分も安心して飲める成分のみで作られているのでどう考えても体に良いものだと語られています。

白井田七は飲めばダイエット効果があるわけではなく、巡りが良くなり代謝が上がるなどの相乗効果で痩せやすい体質作りをサポートする美容ドリンクだと言えます。

 

白井田七甕を実際に飲んでみました

黒酢は独特の香りが得意ではないめ敬遠していたんのですが、私と同じ40代以降の方が実際に飲んだ際の良いレビューが多く、私にも合うかもしれないと思い飲んでみることにしました。

パウチタイプになっているため、どこででも飲めるのがとても便利でした。サプリの場合はお水が必要で、外出先でお水を調達しないと飲めない経験を何度もしているためパウチタイプのドリンクはかなり便利に感じます。

私が白井田七甕を飲んで効果を感じているのは、飲んだ直後です。サプリの場合は直後に体が変化することはほぼなかったのに対して、白井田七甕はドリンク状のため体内への浸透性に優れているのかなと思いました。

飲んで直ぐに元気になる、力が湧いてくるような感覚を感じました。体にしみわたるとはこのことかもしれません。

もちろん感じ方には個人差がありますが、私の場合は飲むと元気になる、調子が良くなると感じることが出来ました。

飲めば痩せるというダイエット効果があるわけではないのですが、毎日の生活をサポートしてくれるなくてはならない美容ドリンクになっています。

40代以降は痩せにくくなることと、体調も良いときと悪いなあと感じる場合なども出てきますから、ダイエットにつながる美容と健康のためのドリンクとしておすすめできると思います。