秋になり、日に日に食欲が増しています。季節の変わり目で体調がパッとしないのに食欲だけは落ちません(^_^;)

特にお腹が空いているわけでもないのについお菓子をパクリとしたくなるのはどうしてでしょう?

人間は冬眠をするわけではないので余分なお肉を蓄えないで欲しいものですね。そして少しづつ体や肌に影響を及ぼしています。

糖分や油分の摂取量が増えたためなのか肌の調子が悪くあごや普段出来ない部分にニキビが出来たりと不調気味です。

肌の不調は体内のどこかが不調になっているサイン

大人ニキビがストレスや胃腸のトラブルなどで出来たり、不規則な生活が続けばお肌は滑らかさを失いごわついて来たりしませんか?便秘などで腸内環境がよろしくない時にもブツブツとできる事があります。

そこで、この不調を改善するために何かを始めたいけど何をしていいか解らないと悩んでいたら、たけしの家庭の医学がとても参考になりました。

今日から始められる内容で、用意するものも家にあるものでした。

そのあるものとは、のり。

598466b2452bacefbd49f950cffc29d7_m

佃煮ではなくて、焼きのりが良いそうです。何が良いのかというと、焼きのりには、葉酸がたっぷり含まれているからです。

葉酸と言えば、妊婦さんのビタミンとして知られていますが、男女問わずに葉酸を多く摂取していると大腸がんになるリスクの軽減になるそうです。葉酸は、体の細胞の生成に関与しているビタミンで、細胞の傷などを修復する働きがあることからがんになるリスクが減らせるというわけです。

日頃から健康や美容に良い食べ物はなるべく摂るようにしていますが、葉酸は、がんのリスク軽減につながるビタミンということを豆知識的に知っておくと良さそうですね(^^)

 

6f905531bd9ed338dc88e6a88cf0af22_m

 

のりならご飯と共にムリなく食べれるので積極的に食べようと思います。ほうれん草の9倍近くの葉酸が含まれているというからなぜ今まで話題にならなかったのかが不思議なくらいです。