お肌を綺麗に見せる秘訣って毛穴にあるって知ってますか?

 

毛穴が開いて凸凹の肌だったり、黒ずみが毛穴に詰まって点々になっているとすごく肌が汚く見えてしまうんです。

 

 

肌の汚さをわかりやすく野菜・果物で説明してみる

 

たとえば野菜で言うならば・・・そうですねーレモンとか。

 

毛穴,レモン

 

これは一見遠目で見ると綺麗な黄色のツルッとした表面に見えるんですが、近くで見ると点々になってますよね?みかんなんかもおんなじように点々になってます。

 

これって近くで見ると絶対にわかってしまうんです。「なんか肌が汚くね?」って彼氏に思われてしまいます。

 

対して、例えて言うならば、、、ぶどうかな?これは(つぶの大きさが違うのは置いといて)近くで見ても点々って殆ど見えません。ナスとかトマトの方がわかりやすいかもしれませんね。

 

トマトってすごくつるりとしていて綺麗な表面ですよね?これなら近くで見てもすごく触りたくなるような滑らか肌なんです。

 

毛穴レス,トマト

 

これだと彼氏がどんなに近くてもまったく動じる必要がありません。どうせならトマトみたいなつるりとしたお肌作りをしたいですよね。

 

 

2つの違いの大きな点は、毛穴の角栓なんです。黒ずみであれば角栓で開いていれば角栓を取ってそのままにしている状態って感じでしょうか。

 

正しく角栓を除去しないと毛穴が開いてしまうんです。

 

 

毛穴が開くとまた角栓が詰まる

 

特に毛穴パックなどは私は使いません。アレってバリっと角栓を引っこ抜いてほったらかし!な状態ですよね。しかも角栓だけならいいけど、お肌のバリア的な皮脂や大事な細胞までむしり取ってる可能性大です!

 

簡単に綺麗になるのは一瞬だけ。すぐに元通りになってしまうという『シンデレラの靴』的な儚さがあるわけです。

 

 

毛穴の黒ずみを綺麗にするには

 

この方法は知ってしまうとすごくシンプルです。力で引っ張りだすのではなく汚れの原因である黒ずみだけを吸着させる、という方法ですね。

 

その違いというのは実は大きくて無理やり取ると毛穴のバリアまで剥ぎ取られるのに対し、汚れだけを吸着させると汚れだけが取り除かれるんです。

 

黒ずみの吸着をお掃除で例えてみる

 

つまりカーペットにタバコの灰を落としてしまったら、コロコロローラーで取ると絶対にカーペットに入り込んでしまいますよね?

 

だけど掃除機で距離を取ったまま風で吸込めば灰は繊維に入り込みません。

 

同じことが毛穴にも言えるわけです。毛穴の黒ずみというのは古い角質が集まって角栓になったものですよね。角質は皮脂が酸化してできています。この皮脂だけを吸着するものがあるんです。

 

それが炭だったりクレイ(粘土)だったりします。いろいろと炭とかを含んだ商品が出てきていますが、その中でも一際皮脂を除去してくれるのが、クレイに属するモンモリロナイトという成分ですね。

 

 

モンモリロナイトとはどんな効果があるの?

 

汚れだけを吸着させることが出来る天然クレイ。メイクなどの成分が皮膚に残り古い角質になったものでも除去してくれるだけでなく、肌の水分と油分のバランスを整えてくれるもの

 

モンモリロナイト

 

この成分ってすっごく最強なんです。洗顔でモンモリロナイトの含まれているものを使えば、メイクもすっぱり落としてくれるし、ニキビ菌や皮脂だけを吸着して、しかも潤いを与えてくれるというもの。

 

このモンモリロナイトの洗顔料を使い始めてからは毛穴が引き締まってトマトの肌色みたいな綺麗な肌に、、、かなり近づいています(汗)

 

でも実際に使ってみると判りますが毛穴が変わります。ぜひお試しを!