朝晩はまだ冷え込みますが、日中は少しづつ春らしい暖かさを感じられるようになってきました。

すると気になるのは、季節の変わり目に起こりがちな肌荒れですね。

そんな時期は、肌力をアップさせてくれる美容液が強い味方です。

美的4月号に掲載されているビーグレンのCセラムは、かなり濃いビタミンC誘導体のため季節の変わり目のお手入れに活躍してくれます。

Cseramu

私は、Cセラムでニキビの解消に成功したことがあるんです。

 

詳しくはコチラも参考になります

メラニン毛穴にはサイエンスコスメが効く

 

高濃度ビタミンCですが、数日で肌トラブルが解消するかと言えばもう少し時間がかかります。

肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期はおよそ28日と言われています。そのため1ヶ月以上お手入れを続けてみるとその効果に驚くかもしれません。

ビタミンC誘導体は、肌の新陳代謝を上げてくれるので毛穴やニキビに悩みに効く美容液です。

また、私はこの時期になると花粉による肌荒れにも悩みます。

hadaare

顔に付着する花粉が反応してしまい、痒みが出るのでベースメイクの仕上げには肌の表面は花粉が付着しにくい様にサラサラに仕上げています。

他にもこんな予防法をしています。

見た目よりも体が楽な状態になる様にしているので完全防備状態です(^^)

鼻には鼻腔内に塗る花粉の侵入をブロックするクリームを塗ってマスクをします。

JINSの花粉カットメガネをすれば外出中はかなり目の痒みも軽減されます。

花粉で肌荒れが起きない為の対策は、ニキビが出来にくい肌質に整えるお手入れ法と似ています。

どちらも肌が乾燥するとバリア機能が低下したりターンオーバー(肌の新陳代謝)が遅れてしまうため肌トラブルが起きやすい状態になってしまいます。

また、新し生活をスタートされる方など春は何かとストレスが溜まりやすい時期でもありホルモンバランスが崩れ肌の乾燥が進んでしまうこともあるのでこの時期は内面的なケアとスキンケアも少し変えてあげると良いかもしれません。