最近お風呂上りや、外出先から戻った後など体感温度に差を感じるときに肌が痒くなることがあります。

特に足のすねあたりがかゆくなり見てみると、白い粉を拭いている状態で慌てました。

顔の肌の乾燥には注意していたのですが、体はまだ大丈夫かなと油断していました。

40代は気づかぬうちに色々な部分で老化がすすんでいます。

そう感じたのは、疲れが抜けないとか、太りやすくなったり、肌がカサカサしたり、美容と健康面でのお手入れはつながっているのだと実感しています。

冬は新陳代謝を高めて美肌を作ろう

乾燥が気になる冬は、体や肌の新陳代謝も滞りがちです。

冷えが関係してくるからです。

「冷えは万病のもと」とは良く聞く言葉です。

最近では、女性だけの悩みではなくて男性の隠れ冷え性も健康面での不調の原因になっているようです。

でも大丈夫!

冬は体を温めてくれる食材やメニューの宝庫なんです。

例えば、鍋!

毎晩鍋でもいいという我が家では、出汁の味を変えてほぼ毎日鍋を食べています。

鍋の食材には体を温める食材が多いのであまり考えなくても冷蔵庫にあるもので出来てしまうのもとても助かります。

nabe

ニンジンや白身のお魚、春菊など冬に旬の食材は栄養価も高く体も温めてくれます。

すると新陳代謝アップにもつながりますので美容と健康に直結します。

40代は、体の錆びや細胞レベルでの老化が見た目でもわかるようになってくる年齢ですね。

いつまでも若さを保つためには、食生活の重要性を感じずにはいられません。