もうすぐ梅雨明けですが、ジメジメとした梅雨時期になると肌の調子が少しづつ悪くなります。

そして、夏の間はいつもと変わらないお手入れをしているのにニキビが出来やすくなります。

どうしてなのでしょうか?

夏にニキビが増える原因

実は、夏にニキビが増えるのは紫外線によって肌ダメージが大きくなるからです。

べたつく肌の影響で皮脂量が増えたためニキビが出来やすくなったのでは?と思いがちですが自然に分泌される皮脂量は、季節によってあまり変化はないそうです。

夏は普段の倍以上皮脂が出ている感じさえしますが、汗と混ざることでベタつきなどの不快感が出るため皮脂が増えたと感じやすいのかもしれません。

そして、以外にも冬に引き続き肌が乾燥するため毛穴が塞がれやすい傾向があります。

どうして湿度が高い夏に乾燥するのでしょうか?

クーラーの影響です。冬は暖房、夏はクーラーの効いている室内に居る事で肌は乾燥が止まりません。

乾燥してしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまい古い角質が毛穴に詰まり毛穴がキレイな状態を保てなくなります。

すると、分泌された皮脂は逃げ場を失ってニキビを作り出してしまいます。

まさかのメカニズムですよね。

夏に増えるニキビの対策

乾燥から出来てしまうニキビを治すには、保湿対策が欠かせません。

夏に保湿?

余計にべたつきそうですが、保湿をしてあげた方がベタつきも軽減できます。

肌の調子が整っていると、余分な皮脂も出にくくなるため毛穴詰まりを起こさなくなります。

するとニキビの出来やすい環境では無くなるためニキビ予防に繋がります。

夏のニキビの悪化を防ぐには?

肌を清潔に保ってしっかり保湿をすることです。

保湿が不足するとニキビだけではなくシミも増えるそうですよ。

ニキビのお手入れ向け化粧品について