世界一受けたい授業で今のこの時期に魅力的な特集が紹介されていました。冬の肌トラブルや冬太りを解消する方法についてのお話でした。

寒くなると太りやすくなるのは人間が本能的に寒さから身を守るためだと言われています。体が冷えると血流が悪くなって、手や足先が冷える末端冷え性に悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?

すると巡りも悪くなって基礎代謝が落ちて太りやすくなったり、肌トラブルを始め脂肪が燃えにくくなるなど悪循環が続いてしまうことも。

そんな冬のトラブルを解消するための方法についてのポイントをまとめてみました。

 

世界一受けたいで紹介されていた冬のトラブルを解消する食べ物

冬に起きやすい4大トラブルは

  1. 冬太り
  2. 肌トラブル
  3. 冷え性
  4. 関節痛

なんだそうです。今までは冬になると太って夏になると痩せるを繰り返していたのに、40代になって冬太りどころか通年太りやすくなって、気が付いたら夏痩せが無くなっていたことに気が付きました。

なので世界一受けたい授業の解消法はすぐにでも行ってみたい内容ばかりでした。今回の特集ではトラブルを解消する働きがあるこの時期ならではの「鍋の具材」がいくつか紹介されていました。早速冬太りの解消法から詳しく見ていきたいと思います。

 

1.冬太りを解消する食べ物

冬太りを解消する鍋に入れたい食べ物は「海苔」なんだそうです。のりには

  • 糖の吸収を抑制する働き
  • 溜まった老廃物を排出する働き

があると言われています。海苔はほとんどカロリーがないことでも知られているダイエットフードですし、ミネラルや女性に嬉しい葉酸などが摂れる食材としても知られています。

そんな海苔を適当な大きさにちぎって鍋に入れるだけなので作り方も簡単です。そして海苔と一緒に摂ることで代謝をアップさせるものがもうひとつあるそうです。

イソフラボンが豊富な豆乳です。豆乳に含まれるたんぱく質が代謝を高める働きに優れていると言われ、鍋の仕上げに入れるだけでいいそうです。

この時に注意したいのは豆乳は火を止めてからもしくは弱火にしてから加えるという事です。豆乳に含まれるたんぱく質は熱しすぎると固まって代謝を促す働きが弱くなってしまうからなんだそうです。

 

2.肌トラブルを解消する食べ物

肌トラブルを解消する鍋に入れたい具材は「豚のスペアリブ」なんだそうです。豚のスペアリブには、肌を潤すコラーゲンが豊富に含まれている体と言われています。

調理が難しそうなイメージがするスペアリブですが、これも鍋の具材として使うので調理方法はとても簡単でした。

スペアリブをある飲み物で煮るだけで抗酸化作用が働いて、冬の乾燥肌の改善にもつながり肌トラブルの解消に繋がるそうです。

ある飲み物と言うのは「ウーロン茶」です。ウーロン茶鍋?あまりイメージがわきませんが、ウーロン茶でスペアリブを煮ることで豚肉が柔らかくなって美味しくなるんだそうです。

 

3.冷え性を改善する食べ物

女性に多い冷え性を解消するために鍋に入れたい食材は「唐辛子」と「花椒粉」ホワジャオフェンだそうです。

どちらも中華料理に良く使われる辛味のある調味料ですね。これらの調味料を入れた鍋を「シビレ鍋」と呼んでいるそうです。

冷え性に多いのは血管が収縮してしまい体の血が中心に集まりやすくなってしまうためだと言われています。辛味のある成分が含まれている調味料とあるものを合わせれば更に体を温める効果がアップするんだそうです。

あるものと言うのは美容と健康に良いと言われている「黒酢」です。黒酢の美容効果については私が実際に黒酢入りの美容ドリンクを飲んでみたレビューも書いています。

↓↓

黒酢美容ドリンクにはダイエット効果がある

 

4.関節通を改善する食べ物

関節痛を解消するために鍋に入れたい食材は「サバ缶」と+「トマト」です。サバ缶は栄養価も高く調理のレパートリーも豊富にあることから話題になっている缶詰です。

スーパーのサバ缶コーナーへ行くと、多くの種類のサバ缶が並んでいるので缶のデザインや味の違いを見ているだけでも面白くなります。

サバには骨を強くする働きがあって、そこに抗酸化作用のあるリコピンが豊富なトマトとカルシウムが豊富なとろけるチーズを加えれば、骨を丈夫にする働きがパワーアップするんだそうです。

冬のトラブルを解消するお鍋特集をまとめてみましたが、食べ物に気をつけながら呼吸法にも気を付けてみると、代謝が上がって痩せやすい体になっていくそうです。

呼吸法については別のページで書いていきたいと思います。