世界一受けたい授業で名医が8つの病気について詳しく解説していた中で、肌との関係について気になる病気がありました。

その病気と言うのは成人病のひとつとして知られている心臓の病です。40代~60代くらいまでの働き盛りに起こりやすい心疾患が顔のある部分に出来るシワと関係があるんだそうです。

 

世界一受けたい授業で解説されていたシワの話

不整脈診療第一人者として知られている心臓血管研究所の山下武志先生の解説によると、おでこのシワが多いと心臓病になりやすいという事でした。

おでこのシワがある人とシワがない人を比べてみると、おでこのシワがある人は心臓病の死亡率が10倍にもなるんだそうです。

そこで浮かんでくるのがどうしておでこのシワと心臓病が関係しているのか?と言うう事ですよね。実はどちらにも言えるのが酸化ストレスなんだとか。

 

心臓病の原因

心臓病の原因として多いのは血管にコレステロールが溜まり詰まってしまう、酷いときは血管が破裂してしまうと言われる動脈硬化だそうです。

そして40代くらいまでは女性よりも男性にそのリスクが高いと言われています。なぜかと言うと、女性にはエストロゲンという女性ホルモンの働きで血管を健康に保つ働きがあるからなんだそうです。

そのためエストロゲンが少ない男性に高い割合で病気が起こりやすいのですが、女性は閉経を迎える準備期間でもある更年期になると、エストロゲンが減少し始めるため男性と同じように病気になるリスクも高くなるそうです。

その一つのサインとして顔のある部分に出来るシワに注意すると良そうです。

 

おでこのシワは心臓病のサイン?

目元や口元にはシワが見当たらないのにおでこだけにシワが出来ている人もいますが、おでこに出来るシワの原因のひとつに酸化ストレスがあるそうです。

年齢を重ねれば眉間や目尻、口元にシワが出来るのは仕方のないことだと思っていましたが、おでこのシワの原因は年齢以外の酸化ストレスが関係していました。

抗酸化作用のある食べ物や飲み物を摂れば予防になりそうですが、世界一受けたい授業で紹介されていたのはカテキンが豊富なあの飲み物でした。

 

酸化ストレスを軽減する飲み物とは?

世界一受けたい授業でよく紹介されている体に良い飲み物と言えば、トマトジュースや緑茶などですが、今回の酸化ストレスには緑茶のカテキンが効くそうです。

1日5杯程度緑茶を飲むと、動脈硬化を引き起こすたんぱく質を減らす働きがあると言われ、心疾患の予防にもなるそうです。

お茶を飲むだけなら今すぐに始められるので家族全員で毎日緑茶を飲むようにしたいと思いました。女性ホルモンのバランスが崩れる女性や40代以降の男性はジュースを飲むくらいなら緑茶を飲む事に切り替えられる習慣をみにつけるといいのではと思いました。

 

最新の心臓検査で病気は早期発見が出来る

おでこのシワが増えてきたら動脈硬化の可能性が疑われるというのも病気かもしれないという病気の発見につながる症状ですが、現在の医療では心臓のMRI検査が1~3万円で受けられるそうです。

昔に比べてお値段が受けてみようかなと思える金額になりましたよね。

MRI検査をすればほぼ100%の割合で心筋梗塞などを発見することができるそうです。早期発見は病気の回復につながるため、少しでも気になる点があれば検査を受けてみると安心できるのではと思いました。

シワの原因は老化によるものだと決めつけていましたが、酸化ストレスが関係していることが分かったので、肌の老化防止だけでなくいつまでも綺麗な肌でいるためにもホルモンバランスを整える事や食生活を送るように心がけたいと思います。