ロスミンローヤルを実際に飲んでみた感想は前のページで書いていますが、今回はその後のシミがどうなったのか?薬として副作用は起こるのか?についてまとめてみました。

 

 

ロスミンローヤルを飲んでシミは消えた?シミの変化について

ロスミンローヤルを飲むとこんな症状の改善に繋がるそうです。

  • しみ・そばかす・にきび・肌荒れ・小じわ
  • 肩こり・腰痛・神経痛
  • 冷え性・手足の冷感・腹部冷感
  • のぼせ・めまい・みみなり
  • 妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振の場合の栄養補給

肌への影響力もさることながら、体の冷えや神経など血の巡りが改善すると症状の緩和につながる効果があることが解ります。

私がロスミンローヤルを飲もうと思ったのは、シミ・肌荒れ・小じわの3つの悩みが効能効果に記載されていたからです。

美白化粧品や高級な美容ドリンクなども試してみたのですが、シミが消えないのが悩みでしたのでシミを緩和する効果が認められているロスミンローヤルは、少し大袈裟ですが私にとって救世主の様なお薬でした。

実際に飲んでみると2~3日で効果を感じることはなくて、2週間以上飲み続けた頃にようやく「シミが薄くなったかもしれない」と感じられました。

ファンデーションを塗ってみるとシミの濃さが良くわかります。ロスミンローヤルを飲む前はファンデーションにコンシーラーを使うか、ファンデーションの重ね付けでシミを隠していたのですが、ロスミンローヤルを飲み始めて2週間くらい経った時に、ファンデーションを塗った後にいつものシミが目だっていないことに気が付きました。

すっぴんでは頬に思いっきりシミが目立つので外出するときはもちろん、休日でもメイクがやめられない日々が続いていました。

ロスミンローヤルを飲んでみて、40代でもシミを消すためのお手入れをすればシミは薄くなることを実感しています

 

ロスミンローヤルの副作用について

ほとんどのお薬には説明書が添付してあります。ロスミンローヤルも第3類医薬品のため、特徴や効果効能、使用上の注意などが記載された説明書が付いていました。

第3類医薬品は一般的に副作用が起こる可能性は少ないと言われていますが、だれでも当てはまるものではないため副作用についても記載がありました。

飲んでみて肌に発疹や発赤、かゆみが出たり、吐き気や食欲不振、胃部不快感などの症状を感じたら副作用の可能性があるそうです。

私は1ヶ月ほど飲んでみましたが、副作用と思われる症状は全く感じませんでした。シミが薄くなる効果はしっかりと感じたのでこれからも飲み続けたいと思っているお薬です。

実際に飲んでみての感想についてはこちらのページで書いています