30代を超えてポツポツとにじみ出てきた顔のシミ。

自然に消えるかな?

肌の回復力に期待しましたが、シミは出来てしまったら自力で消える事はないのでしょうか?

 

そこで、シミが消えるメカニズムを調べてみました!

シミは、紫外線を浴びると出来るというのは良く知られていますが、肌のターンオーバー(肌の細胞が生まれ変わる周期)が正常に行われていれば古い角質とともに剥がれ落ちていくためシミにはならないんです。

なので、個人差はありますが20代位までは顔のシミで悩むことも少ないわけです。ではどうして30代を超えると急にシミが増えるのでしょうか?

075610

30代を超えると、お肌の老化が徐々に始まります。

すると、肌のコラーゲンが減り始め潤いが足りなくなります。今まで使っていた化粧品が物足りなくなってきたらお肌に変化が起こっているサインかもしれません。

コラーゲンが減ると、肌が乾燥してしまい今まで正常に行われていたターンオーバーが乱れ始め古い角質が残ってしまう場合があります。

すると、角質と一緒に排出されるはずのメラニンが残ってしまい肌に沈着してしまうとシミとなってしまうのです。

お肌の老化を食い止めるアンチエイジング化粧品や、沈着してしまったシミを消す美白成分配合の化粧品があります。

 

188982

シミを漂白するハイドロキノンという成分を配合した化粧品の使用で今までに出来てしまったシミを薄くするとともにこれから出来るシミも予防することが出来ます。

ハイドロキノンは、医療の現場で実際に使用されてきた成分で少量の配合でも肌のシミが薄くなる事を実感できます。

 

私も顔のシミ消しにハイドロキノン配合の「ビーグレン」を使用しています。効いたらいいな位の気持ちで試し始めた化粧品でしたが肌への浸透性が今までに使用してきた化粧品とは違い求めていた肌の潤いがキープ出来ています。

161096

これから先も紫外線対策を行いながら、美白化粧品で10年後に後悔しないお肌のケアをしてあげたいです。