アメリカでは美白成分として良く知られているハイドロキノンですが、日本では2001年の薬事法の規制緩和によって化粧品にも用いることが出来るようになった「究極の美白成分」です。

日本でも医療の現場では使われていた成分ですが、酸素や光の影響で変化してしまう不安定な性質があることから医師の処方箋が必要だったんです。でも化粧品に配合されたことで美を意識する芸能人や美容家、美魔女達の間で話題の美白成分となっています。

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンは、紫外線を浴びてメラニンが生成される際にチロシナーゼ酸素を活性させにくくする働きがあります。

一般的な美白成分のおよそ100倍もの働きをすることから「究極の美白成分」と言われているんですね。

57042dacda1a394b1861d2f8f72b0f4d_m

ハイドロキノンはどんなシミに効くの?

  • 老人性色素班(紫外線によるシミ・そばかす)
  • 色素沈着(ニキビ跡や傷の跡など)
  • 肝斑(ホルモンバランスの乱れによるもの)

シミに悩む多くの方がこの3つのに当てはまるのではないでしょうか?

美白成分の中には、紫外線によるシミには効くけど肝斑には効かないとか効きにくいなどこれらの3つを一気に薄くする働きのあるものって少ないと思います。

ハイドロキノン配合の化粧品の使用で、シミが目立ちにくくなるとともに肌全体のくすみなんかも取れて明るい印象になりますから今お使いの美白化粧品で満足していなかったらお試しセットなどを試してみてください。

通販では、ハイドロキノンコスメが2つあります。