30代から40代へと年齢を重ねてみて解った事は、40代になると老化の速度が速まるという事です。体も肌も30代と全然違います。

寝て起きても疲れが取れていなかったり、肌に艶が無くなって見た目の変化に落ち込んだり・・・そして今までもなかったわけではないのですが、シミや小じわが急に増えたと感じたのも40代でした。

何か今と違うお手入れをしないと老化が進んでしまうと悩んでいた時に、同世代の知人から聞いたのは化粧品だけに頼るのではなくてこれを飲むといいよとのことでした。

その時教えてもらったのが「ロスミンローヤル」でした。

それからロスミンローヤルについて詳しく調べてみると、女性誌やテレビでも紹介されていたり芸能人に飲んでいる方もいて、興味が沸いたのと同時に私も飲んでみたくなりました。

 

ロスミンローヤルの特徴と効果について

ロスミンローヤルは第3類医薬品として認定されている女性用保険薬なんだそうです。第3類というのは医薬品の中では副作用がほとんど出ないと言われている種類ですが、効能効果は認められているそうです。

どんな効果があるのかというと、

  1. シミ・そばかすを薄くする
  2. 小じわ・肌荒れを緩和する
  3. 冷え性・肩こり・腰痛症状の改善
  4. 肉体疲労時・妊娠授乳期の栄養補給

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

1.シミ・そばかすを薄くする

出来てしまったシミとそばかすを薄くする働きがあるそうです。美白化粧品ではないのに薄くすることが出来るのでしょうか?

シミは1日で出来るものではなく、かなり前に浴びた紫外線の影響で生成されたメラニンが肌の奥に居座って、肌の表面に浮かび上がってくるため出来てしまうと言われています。

メラニンは肌のターンオーバーによって不要になれば垢となり排出されるのですが、年齢を重ねるとターンオーバーが順調ではなくなる傾向があるためシミが出来やすいそうです。

ロスミンローヤルを飲むと肌の奥にメラニンが居座っている間にターンオーバーを促してメラニン排出を助けシミが薄くなると言われています。

 

2.小じわ・肌荒れを緩和する

老化が進めば小じわは出来てしまうものだと思っていましたが改善できるそうです。小じわが出来てしまうのはコラーゲンやエラスチンの減少が関係しているから。肌が乾燥してきたなあと言う場合は、コラーゲンの減少が考えられるそうです。

すると潤いがなくなった肌には小じわやシミが出来やすくなってしまいます。コラーゲンの元になるアミノ酸やビタミン類、巡りを改善する生薬が配合されたロスミンローヤルが肌を根本的に改善する働きをすると言われています。

 

3.冷え性・腰痛・肩こりの緩和

肌の状態は血流も関係してくるため、ロスミンローヤルには血行や巡りを整える生薬が9種類も配合されているんだそうです。

そのため肌がきれいになるだけでなく血流が促されることで冷え性や腰痛、肩こりが緩和されると言われています。

 

4.肉体疲労時・妊娠授乳期の栄養補給

ロスミンローヤルは妊娠中や授乳期にも飲めるそうです。また肉体疲労時はビタミンやミネラルが消費されていることからロスミンローヤルに配合されている成分が栄養補給につながるようです。

 

ロスミンローヤルがおすすめなのはこんな人

ロスミンローヤルはシミ・小じわを緩和する医薬品として効能効果が認められているそうです。そのため私の様に年齢肌の悩みを抱える方にもおすすめだと思います。

実際に私もロスミンローヤルを飲んでみたところシミが薄くなる効果を感じたからです。その時の詳しい状況についてはまた書きたいと思います。

年齢を重ねて肌の老化に悩む方や、女性特有の症状に悩む方など私が実際に飲んで効果を感じた経験から、肌をきれいにしたいと願う方に効果が認められている医薬品「ロスミンローヤル」はおすすめだと思います。