きれいな肌を維持するためにこんなことにこだわっています。疲れていても寝る前には必ずメイクを落として洗顔をすることです。

当たり前と言えば当たり前なのですが、時にはメイクを落とさずそのまま就寝・・・なんてこともありますよね。

20代の頃は良くありました・・・が年齢を重ねると翌日のお肌の状態にかなり影響してしまうので今では毎日欠かさずダブル洗顔をしています。

そんな洗顔ですが、気になる悩みの解消のためにもこだわっています。

 

シミは洗顔料で消えるの?

洗顔すると毛穴の皮脂汚れなどが落ちてすっきりしますが、私がこだわっているのは洗顔後に乾燥しない洗顔料+洗顔法を行うことです。

実は10~20代半ばまで、かなりのTゾーン脂性で化粧直しから1時間もたたないうちから鼻がテカテカで困っていた時期がありました。

そのころは皮脂を落とすことに注力していたので洗顔後にキュッキュとなるほど皮脂を落としていました。今思えば逆効果な洗顔だったのですが。

年齢を重ねていくにつれて、皮脂の量が減り今度はカサついてしまう乾燥に悩むようになって、ようやく今の洗顔法にたどり着きました。

肌の乾燥が気になってきた時に同時に悩みだしたシミを消すために洗顔を見直したことがきっかけでした。

シミは擦ると濃くなると聞いてからはゴシゴシ擦る洗顔をやめ、低刺激ながら不要な皮脂汚れを落とす洗顔を行っています。

シミが洗顔で消えるわけではないのですが、洗顔で肌の環境を整えてターンオーバーがきちんと機能している健康的な肌にすることは可能です。

するとシミになるメラニン色素がターンオーバーで排出されるため将来出来るシミを予防することにつながるそうです。

シミを漂白すると言われているハイドロキノンクリームなどを直接シミに塗って働きかけるわけではないため、時間はかかりますが洗顔後のスキンケアをスムーズに効率的に行うために潤いを残す洗顔法はお勧めだと思います。

 

私が実践しているシミを消す洗顔法

  • 洗顔料は脱脂力の強いものは避けて、保湿効果のあるものを選ぶ
  • 熱いお湯は使わずぬるま湯か水ですすぐ
  • 洗顔後はやさしくタオルドライ
  • 毛穴の汚れが気になる時は、蒸しタオルをしてから洗顔

肌に刺激を与えない様にしながら上記の点に気を付けて洗顔をし始めて、肌が乾燥しにくくなりました。

シミが紫外線によるメラニンの生成が大きな原因ではあるのですが、肌への刺激でもメラニンは生成されます。

そのため美容家の方のお手入れでも肌を擦らずにスキンケアをしている方が多いそうです。

 

シミを消す洗顔料を選ぶポイント

数多くの洗顔料の中からシミを消すためにはどんな洗顔料を選べばよいのでしょうか?

ポイントとなるのは肌を擦らず不要な皮脂や汚れを落として潤いを残してくれる洗顔料を選ぶという事です。

なのでシミに悩むようになった肌には、脱脂力よりも保湿成分が配合されているかどうかもチェツクしたい項目です。

ポイントを抑えた洗顔料については、実際に私が使用した体験談なども含めて書いていきたいと思います。