• お肌が乾燥気味・・・
  • ニキビができやすい
  • 肌が汚い

とかお肌に対してのコンプレックスがある方もいますよね。

 

それって生まれつきではなく、肌のケア方法がうまく行ってなかっただけ!

 

改善してみると結構お肌って綺麗に生まれ変わりますよ!

 

肌が汚いからといって、ファンデーションで厚塗りをしておくと余計に汚くなってしまうかもしれないので、早めに対処してみましょうね。

 

お肌っていうのは細胞が入れ替わるターンオーバーというシステムがあって、約2週間から20日と言われています。

 

なので1ヶ月以内には肌質が変わって綺麗で強い肌になると思います。

 

効果的な肌の保湿の方法とは

基本的なこともありますが、しっかり見なおしてみましょう。

汚れをしっかり落とす

 

実は化粧品などのメイクの洗い落としが出来ていないのが結構肌に残ったりします。保湿の前に汚れを落としてあげましょう。

 

汚れの落ちる洗顔料

 

クレンジングオイルをしっかり付けてゴシゴシしても落ちにくい成分って化粧品によってはありますし、また外を歩いたりするといろんな化学物質とかっていうのもあるので(目に見えないレベルであったり)洗顔って大事です。

 

しっかり洗っているつもりでも「角栓が出来やすい」とか「さっぱりしない」という方は洗顔料が合ってません。炭酸洗顔とかクレイ洗顔を使ってみるのもいいと思います。

 

洗顔についてはこちら→ 綺麗に洗える洗顔の方法

 

保湿力の高い美容液をたっぷり含ませる

保湿力

ここ、結構重要です。保湿と簡単に言うけれどいいものを使えば良い、というわけではないです。人によっては毛穴が小さかったり皮脂のバランスなんかで吸収に時間がかかったり、水分を逃がしやすい肌だったりします。

 

時間を掛けてしっかり行う為に、まずお風呂で顔も蒸気にあたるので、毛穴を開きましょう。そこまではいいとしてお風呂あがりには化粧水をつけるとき手のひら一杯にとって顔にぴったりと覆うように押し当てます。

 

そしてそこで終わらずに!

5分位経ってもう一度顔に同じように化粧水を広げた手のひらで押し当ててみましょう。実は一回だけでは肌に浸透しきれないこともあります。

 

たとえばお米に水を吸わせる為に時間を置かないといけないように、お肌にも既に水分や脂質があるので簡単に染み込みません。出来れば合計3回位やってあげるといいですね。

 

化粧水の消費が早いって思うと思いますが、一回の量を減らして3回に分けるのも手です。ですがおそらく化粧水の量が足りてなかったので、お肌が良くなったら、その量が適正ってことになります。

 

また化粧水も肌には染み込みにくいのですが、肌に浸透させる医療技術っていうのがあり、その技術を使ってお肌の奥まで潤いを入れ込むビーグレンのローションを使ってみると一挙にしっとりするのが分かります。

 

私はビーグレンのローションを2回手にとって入れてます。

 

>>肌のバリアを通過させ角層深部に浸透する化粧品

 

肌の潤いを保つためにクリームでコーティング

美容クリームでしっかり保護をしてあげましょう。この保湿クリームもすぐに落ちてしまうようでは意味がありません。またベタベタになるものはすごく布団とかを汚しそうで嫌ですよね。

 

保湿力の高いクリーム

 

なので薄くて伸びが良い柔らかいクリームがいいです。伸びが良いと少量でもいいので長持ちしますから少し高めでもコスパはいいです。

 

私はクリームもビーグレンを使ってます。時々違うものも使ってみたり、新しいものを試して違いを比べたりもしていますよ!

 

ちょっと最初は面倒ですけど、化粧水のやり方だけでもためしてみてくださいね。コンプレックスの汚い肌もきっと治ります!